初心者向け英会話独学勉強法の口コミブログ

英会話初心者でも独学で上達する英会話勉強法の口コミについて紹介しているブログです。

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

英検と異なるTOEICによる英語能力判断

JUGEMテーマ:英会話


 昔は英語の能力を図る最も有名な基準は英語検定でした。略して英検と呼ばれるこの検定を中学や高校で受験した経験を持っている人は多いと思います。英検の2級、1級等を持っていると英語能力が高いと判断されることが多く、受験の為にも英検の上位を取得する為に頑張っていた人もいるでしょう。



でも今は英語への評価が少し変わってきています。特に就職活動の際に、英語能力を判断する基準は英検ではなくTOEICというテストが用いられることが多いです。



TOEICは英語でのコミュニケーション能力を判断するためのテストです。最高で990点という点数によって能力が評価され、就職活動中は「TOEIC○○点以上」と書かれた求人票を目にすることが多いと思われます。



TOEICはいわゆる学校英語と異なり、実践的なコミュニケーション能力を測るテストになっています。昔の学校英語では読み書きがメインで、会話能力が乏しかったことは否定できません。読み書きが活きるのが英検で、より高いコミュニケーション能力を必要とするのがTOEICであると判断していいでしょう。



TOEIC自体はテストであって、資格試験とは異なります。なので当然合格・不合格と言った区別はなく、そこで得たスコアが英語能力を反映しているというわけです。これで高いスコアを獲得できていれば就職活動時の幅も広がるので、英検しか受けたことがない人もぜひTOEICのスコアを持っておきましょう。



カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ一覧