初心者向け英会話独学勉強法の口コミブログ

英会話初心者でも独学で上達する英会話勉強法の口コミについて紹介しているブログです。

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

英会話の独学におすすめのサイト

英会話が上手くなりたいけど、留学や英会話スクールに通うお金はない・・・。


こんな方におすすめの教材を最近見つけました!


『EVERYDAY ENGLISH PHRASES』という教材なのですが、この教材は

 ̄儔駭
語彙力を増やす英単語
リスニング力を鍛えるリスニングパート
て餔彭戮旅發け兒新聞を収録。

上記の4つが学べるようになっています。


初心者から中級者まで幅広く対応しており、実用的な会話が覚えられるので、かなり役に立つと思いますよ。


海外旅行やビジネスなどで英語が必要な方は、一度試してみることをおすすめします。


詳しいレビューサイトも見つけたので、まずはこちらをご覧になってみて下さい。





自宅でお金をかけずに英語を学ぶ

 社会人になると、自分で学びを積極的に探すことをやらないでいると、学ぶ機会が減り、なにかと理由をつけてスキルアップを先延ばしにしがちです。


 そんな先延ばし屋の方でも、英語を無理なく、短時間で、しかもお金をあまりかけない方法で学ぶことができるなら、できそうな気がしませんか。


 私がお勧めする方法は、まず、中学レベルの英語に戻り、移動時間にCDを聞くこと。


 よく書店で「英会話は中学レベルさえあれば通用する」のようなタイトルの本があると思います。


 参考書の中にCDも入っているタイプのものを選び、移動時間に聞きながら、耳をならすとよいでしょう。


 そして、わからない単語や熟語等その都度調べて、単語力は、日常生活の中で英語で何というか、考えながら生活して調べるくせをつけると、自然に単語力もついてきます。


 そして、英会話を家で習得するには、もちろんインターネットを使用します。


 ユーチューブで英会話の初歩的なものからニュース形式のものまで、さまざまなものが配信されているので、時間のある時にゆっくり家でくつろぎながら基本無料で学ぶことができます。


 中学レベルが卒業したら、高校レベルの参考書を購入し、さらに難度の高い文法も学び、簡単な英語の絵本を読み、慣れてきたら小説レベルの本まで、読んでみると、さらにスキルアップにつながるでしょう。


       

独学で英会話を学ぶ際のポイント

"最近では、英会話が出来るか否かによって就職に関わってくる程、英会話がメジャーになってきました。


英会話を学ぶ為に、英会話スクールに通っている方も沢山いると思いますが、高い授業料を払ってスクールに通っても、実際に身に付いているかどうかは微妙なところではないでしょうか?


英会話は、お金をかけなくても、独学で充分に身につける事ができます。


まずは、英会話を学ぶ目的を明確にし、自分のレベルに合った英語テキストを購入します。


そして、英語に慣れる為に、優しい文法で綴られた英語の雑誌などを沢山読むように心がけます。


物を表現する時にも、常に英語で考えるようにします。


英語を身につける上で一番大切なのは、実践です。


恥ずかしいという気持ちは捨てて、外国人が集まる場所に出かけて、自分から話しかけてみる事です。


外国人はフレンドリーな方がほとんどですから、話しかければ必ず応えてくれます。


実際に外国人と会話をする事によって、発音の勉強にもなります。


実際に発音の勉強ができるサイトも沢山ありますから、それらを利用してみる事もお勧めします。


最後に、間違った英語や、相手に理解してもらえなくても、決して落ち込まないことです。


恥ずかしがっていては英会話は上達しません。


独学で学ぶ事は決して楽ではありませんが、自分で勉強方法を決められるとてもいい方法です。


"

独学で英会話をマスターするにはどうしたらいい?

できるようになりたいのに、中々出来ないことってありますよね。


数多くの人がその悩みを抱えているのが英会話ではないでしょうか。


東京オリンピック開催が決定し、英会話をマスターしたいと思っている人も多いようです。


スクールに通う暇もないし、通信教育も続かなそうだし、独学でやりたいという声がここ最近とっても増えているんです。


そんな方にお勧めの独学法をご紹介しちゃいます。


この方法ならお金はあんまりかかりません。


やり方は簡単で、英語の字幕がついている映画やドラマを見まくるんです。


どんなに忙しくても1日に1度は見るようにします。


これだけで、かなり英語が聞き取れるようになります。


最初は何を言っているのかさっぱりわからないと思いますので、英語の字幕を付けたままみましょう。


そして、2度目は字幕なしで見ます。


これを続けるだけでいいんです。


単語や文法に自信がないという人もこのやり方であれば大丈夫です。


学校で学ぶ単語や文法もいいのですが、生のやり取りである映画やドラマから習得したほうが実践には向いています。


すぐに効果が出ませんが2か月もすれば、段違いに聞き取れるようになりますので、だまされたと思って試してみてください。


英語を独学で学ぶならまずビートルズから

"英会話を独学で学ぼうと思ったら、まずは大きな声を出すことが必要です。


当然ネイティブではありませんので、文法の間違いはもとより、言い回しがおかしかったりすることがあるからです。


その際に相手にしっかりとこちらが何を言いたいのかを分からせる為には、目ヂカラと声ヂカラが必要になります。


これらを英語と共に上手に身に付ける方法が、洋楽を歌いこなすことです。


特にクラッシックポップスは、単語も簡単なラブソングが多く、リズムに合わせて英語のフレーズを覚えることができます。


一番のお勧めは、何と言ってもビートルズです。


ビートルズの曲は中学生程度の単語が使われていて、英語のアクセントに従ってゆっくりと発音されているものが多く、曲も覚えやすいのですぐに口ずさむことができます。


英語の歌を大きな声で歌うことができれば、英語を話す基礎は整ったと思って良いでしょう。


コツは、同じ歌を何度も歌い、まず歌詞を覚えてしまいます。


その後で曲を流しながら日本語訳を読むことにより、文章として頭の中に記憶されるようになります。


音楽ばかり聴いていても意味が無い、と思う人もいるかも知れませんが、最近流行りの「聞き流す英語」の元祖と言って良い勉強方法でしょう。


なお、英会話の勉強法についてもっと詳しく知りたければ、こちらのブログもぜひご覧になって下さい。


独学で英会話を勉強するときはさぼらないようにを気をつける

" 独学で英会話を習うとき、何と言っても気をつけなければならないのは、途中で勉強をさぼってしまわないようにすることです。


 独学で英会話を勉強するということは、同じ境遇にいる仲間というものが存在しませんので、たとえ勉強をさぼってしまったとしても、それを指摘する人がいるわけではありません。


 そうすると、どうしても人間というのは怠け癖が出てしまいますので「1日くらいいいか」となって、英会話の勉強をさぼってしまうことがあります。


しかし、独学で英会話を勉強しているからこそ、そういった1日のさぼりというのは痛いもので、そうすると今度はなかなか英会話を勉強しようという意識が向かなくなってしまい、結果的にはそのままズルズルと勉強をやめてしまうことも珍しくないのです。


 つまり、独学で英会話を勉強しようというのならば、そうした自分との戦いを乗り越えなければならず、そこが実は1番独学で英会話を勉強することの難しさだと私は思っています。


 そのためには、短いサイクルで何か目標をもって取り組むの1つの手段です。


そうして、目標をもって取り組めば達成したときの喜びがあるので、勉強を継続しやすくなると思うからです。


 いずれにせよ、独学で英会話を勉強するには、辛抱強くなければいけないと私は思っています。


 "

独学で英会話を身に着ける方法

英会話が話せる様になりたいと願う方は沢山いらっしゃいます。


しかし、英会話は決して1日の努力で身に付くものではありません。


根気よく、継続して学ばなければ決して話せる様にはならないのです。


英会話が出来る様になる為には、もちろん英会話スクールに通うという方法もあります。


専門の講師にマンツーマンで教えてもらえば、英会話が身に付くのも早いと思います。


しかし、英会話スクールに入るにはそれなりに金銭的な余裕がなければなりません。


そこで今回は、独学で最低限出来る英会話の学習法をご紹介します。


まず私が独学で英会話を学ぶのに必ず必要だと思っているもの、それは英検等の資格試験勉強用の参考書です。


始めはどの級からでもかまいませんので、一度本屋へ行って1冊参考書を購入してみて下さい。


英検の参考書には英会話に必要なリスニング、リーディング、ライティング、スピーキング等の問題が沢山載っていますので、これらを活用して学んで下さい。


独学で英会話を学ぶもう1つの方法は、外国人の友人を1人で良いので作る事です。


英会話が出来ないのに友人を作るのは始めは少し難しく感じるかもしれません。


しかし、実際に英会話を使用する事が英会話を身に着ける為の最も近道な方法です。


是非試してみて下さい。


往年の名作映画で英会話の独学勉強を

"独学で英会話を学ぼうと思ったら、まずは最低限の単語は一通り身につけましょう。


中学生レベルの単語で大丈夫ですので、基本的な名詞や動詞を覚えることから始めます。


英会話を覚えるのに一番役に立つのは、洋画を観ることです。


もちろん字幕オンリーで、最低30回程は繰り返し観ることが大切です。


英会話の教材に使われているドラマや映画のシーンは、かなり退屈なものが多いので、折角観るのでしたら内容が面白くて飽きさせないものを選びましょう。


ストーリーが難しいと当然使われている単語も高いレベルになります。


洋画選びのコツとしては、子供が出演しているものを選びましょう。


大人の言うことが分からなくても、たどたどしい子供の発音が参考になることもあります。


何度も見てシーンや日本語訳を覚えてしまう程になったら、今度は英語に英語の字幕で観てみましょう。


今まで聞き取れなかった単語もその時にはっきりとします。


簡単そうなフレーズや、興味のあるフレーズは一緒に発音してみましょう。


この瞬間に英会話が一番上達するものです。


洋画のDVDは往年の名作でも中古で1000円程で手に入ります。


独学で英語を学ぶ方法としては、もっとも安上がりで確実な方法と言えましょう。


"

よりよい参考書の選び方

"英語を独学で学ぶ人にとって、とても大事なのが、いい参考書を選ぶことだと思います。


  いい参考書が見つからないという方にオススメしたいのが、英語圏の子供のための、 英語を教える参考書です。


 つまり、日本の子供に日本語を教えるための日本語の 教科書の、アメリカ版のようなものです。


なかなか普通の本屋さんには置いていないのですが、多きめの本屋さんに行くと、 たまに、洋書のコーナーの中に、そのコーナーがあります。


洋書が充実している多きい本屋さんであれば、幼稚園生向けから社会人向けまで、 幅広い人に向けての英語のテキストがあるので、それを一通りみてみれば、自分の レベルにあった参考書を見つけることができると思います。


このもう一つのメリットは、自分の国以外の人が書いたテキストは、ネイティブの 人が見たとき、例文などが少し不自然であったりすることがあります。


  ネイティブの日本語スピーカーが書いた、日本語を教える参考書を見た方なら思い 当たると思いますが、日本人から見ても、この使い方はおかしい、とか間違っている という箇所も多々ある場合があります。


その点、日本にある日本語の教科書に間違いや違和感がある表現が少ないように、 英語の参考書も、よりネイティブな表現が学べると思います。


  初心者の方にオススメなのが、その中でも絵が付いている参考書です。


  「APPLE」などの名詞であれば間違って覚える事はまれですが、「SOAK」などの動詞は、 絵や写真があれば、ただ言葉で「浸す」と書かれているよりも、より正しい意味が感覚的に 理解しやすいのではと思います。


"

発音と対話力の勉強方法について

"私は今社会人ですが、転職の為に独学で英会話の勉強をしています。


発音を良くする勉強方法ですが、わたしはTOEICのテキストについてきたCDを使って勉強しています。


長めの対話文やアナウンスの問題を選び、CDを聞きながら同時に発音しています。


CDは話すスピードが早いので 最初は全くついていけませんが、文のイントネーションを覚えていき言える単語があったら頑張って発音していきます。


テキストを見ながら読めるようになったらテキストなしで、CDを聞きながらスラスラ同時に話せるようにしていきます。


それが出来たら完璧にCDと同じイントネーション、発音になるように練習します。


英会話は文章のリズムや速度を体に覚えさせれば話せるようになるんじゃないかと思っています。


そこに新しい単語を覚えていけば話せる幅が広がっていくと思います。


また対話力の勉強はスマートフォンのアプリが便利だと思います。


無料でダウンロード出来るもので良いものが結構あります。


ここでは長い文章ではなく、短い単語や受け答え・リアクションを勉強しています。


高校などののテキストには載っていなかった、ネイティブの人が使う熟語を覚えています。


そして独学の延長として外国人が集まる交流イベントなどに行き勉強した熟語を使うようにしています。


勉強したことを使う機械を作るのがとても大切だなと感じています。


"

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ一覧